P-FIVEインシュランスエージェンシー/長島 啓之

P-FIVEインシュランスエージェンシー

あなただけのオリジナル保険を複数の保険会社の中からカスタムオーダーメイドで組み立てます!保障は充実して保険料は安くなります!強引な売込やしつこい勧誘は一切いたしません!

なんとなく保険に入っていれば安心という時代は終わりました。保険の真価は「中身」で決まります。なぜなら商品や組み立て方次第で”薬”にも”毒”にもなり得るからです。そう、一番大切なのは「誰から入るのか?」です。

あなたは会社の利益の為に不必要なものまで保障てんこ盛りで勧めてくる人と、あなたのライフスタイルに合わせてあなただけの最適なプランを提案してくれる人、どちらから入りたいでしょうか?

当代理店は「お客様サイド」に立ち、個々の環境にあった「最善のプラン」を創るお手伝いをいたします。

こんな悩みを解決します

  • コロコロ変わる担当にウンザリしている!
  • 更新するたびに保険料が上がっていくのは困る!
  • 保険ショップに来店するのが大変なので近くまで来て欲しい!
  • なんとなくうちの保険て高い気がする
  • 加入中の生命保険の満期・更新が近い
  • インターネットで調べたけど結局どれがいいのか分からない
  • 生命保険の加入や見直しを勧められた時
  • 今加入している保険で大丈夫?

よくあるご相談とその回答

資産運用

相談事例①専門家の回答
投資はキャピタルゲインとキャッシュフロー、どちらがお勧め?
短期的に売買をして利益を狙うのであればキャピタルゲイン、キャッシュフローはおそらくインカムゲインのことだと思いますが長期で安定的な利益を狙うものです。(配当金など)性格が違うのでどちらがお勧めとは言えません。
相談事例②専門家の回答
コストを上回る運用益を出すコツはなんですか?
投資先にもよると思いますが基本は「長期保有・分散投資」です。
相談事例③専門家の回答
「ミニ投資信託」ってどんなものですか?素人でも始めやすいのでしょうか?
証券口座開設はネットでできますので以前と比較すると簡単に始めることが出来ます。また楽天証券は100円からでも投資信託の買い付けが出来ます。ただし投資には変わりませんので「投資すれば儲かる」という考えは危険です。また短期売買ではなく長期保有が望ましいと思います。

年金相談

相談事例①専門家の回答
最近個⼈年⾦に加⼊しようか迷っています。マイナス⾦利の影響で返戻率が下がったと聞きました。今おすすめの個⼈年⾦の商品は何でしょうか︖
仰る通り2017年の4月から貯蓄型保険の返戻率がほぼ全ての保険会社で下がりました。今おすすめの個人年金という括りの中でお伝え致しますと各会社とも内容は大差がないので、返戻率や安心感のある会社の商品をセレクトするのがいいと思います。
また、通貨分散もできて日本円よりも予定利率の高いドル建ての保険も人気が出ています。
それ以外ですと終身保険等で年金払いできる商品もありますし、確定拠出年金など、保険以外で年金を作ることもできます。
相談事例②専門家の回答
個人事業です。いくら貯めれば老後は大丈夫ですか?
何歳まで仕事をしますか?また何歳まで生きたいですか?一生現役であれば老後の準備は要りません。個々人の状況がわかりませんので回答は難しいです。
ただし年金制度は個人事業主の方の方が会社員よりもプアですので、準備は必要だと思います。サラリーマンの老後資金は65歳の夫婦二人で3000万円と言われますが、これもご家庭の事情によります。
相談事例③専門家の回答
人生設計をしていく上で一番重要なポイントはなんでしょうか?
「どんな状態であることが幸せでしょうか?」優先順位を大まかでも良いので決めて、そこから分解・組み立てしていくことだと思います(仕事・お金・生き方・家族など)

保険相談

相談事例①専門家の回答
途中で変更すると、損する感じがするのですが
そうですね。「途中で解約をすると損をする」というお話しを聞かれたことがあると思います。これは主に貯蓄型の保険に加入されている方が、契約時に決めた支払いの期間(60歳まで等)より早く解約をされた場合に、支払ってきた保険料の総額よりも、解約して戻ってくる解約返戻金の方が少なくなるので「損をする」と捉えることができます。
しかし生命保険には解約以外に支払いを止めて保障を継続する方法や保障を継続しながら返戻金がもらえる方法など、解約以外の変更方法も多岐にわたります。
また、組み合わせでできている保険などは継続し続けた方が最終的に損をする可能性が高い契約内容のものもありますし、良いところは残し、改善点があるところだけ変更することも可能です。一度、現状の中身を診断されてみることをお勧めいたします。
相談事例②専門家の回答
貯⾦を終⾝保険や年⾦保険ですることを勧められますが、本当にお得なのでしょうか︖
貯金をお考えですね。貯金をする場合にはまず、「何の目的で」「いつまでに」「いくら貯める」を明確にして頂いたうえで、あなたの「リスク許容度」や「運用方法の好み」「資金額」などに合わせた方法を取ることが一番だと考えます。
一般的には保険の場合ですと、学資保険、個人年金保険、終身保険、変額保険などが候補にあがるかと思いますが、保険以外にも運用方法はございますので、その中でメリットデメリットを踏まえたうえで、あなたのお考えに合う方法を探すために一度、個別に相談されることをお勧めいたします。
相談事例③専門家の回答
たくさんの保険会社、種類からお勧めする決め⼿は補償内容ですか。⾦額ですか。
日本には現在40社を超える生命保険会社があります。沢山の中から良いものを選ぶことは時間的にも困難ですよね。
お勧めする決め手はズバリ!「ご無理なくお支払い出来て、あなたが一番いいと思えるプラン」です!
その為の情報提供をさせて頂くことが私の使命であり、やりがいです。決め手は1000人いらしたら1000通りの考え方があると思っております。強いて言うならば保障内容が優先で、その中で保険料が安い商品で絞っていくのが良いでしょう。
正し、内容と保険料は連動していることがほとんどですので、無駄な特約や許容できる小さなリスクは抱えるなど、必要な内容に絞ってあなたに合った内容にすることも重要だと考えます。

P-FIVEインシュランスエージェンシー

社 名P-FIVEインシュランスエージェンシー
所在地〒815-0031
福岡市南区清水3-13-20-106号
連絡先TEL:092-775-1065
ホームページhttp://p-5.jp/
業務内容・生命保険代理店業
・メディア事業
・その他保険に関する総合的コンサルティング
責任者代表 長島 啓之
受付日時9:00~18:00(定休日:土・日・祝日 予約のみ受付可)
初回無料相談お申し込み

SOSフクオカのメンバーの専門分野一覧

SOSフクオカに登録している専門分野の一覧です。

SOSフクオカにメンバー登録したい方

SOSフクオカは、多種多様な専門家がメンバー登録しているNPO団体です。

特に一業者一社という方針はありませんので、SOSフクオカの取り組みにご賛同いただける方はぜひ、SOSフクオカにメンバー登録いただけると幸いです。

1人でも多くの専門家が増えることで、1つでも多くの困ったことや悩みを解決することができます。

SOSフクオカの情報発信コンテンツ

SOSフクオカは様々な方法で、日常やビジネスにも役立つ情報を発信しています。ぜひチェックしてみてください!

毎月第3木曜日に開催しています

知って得する情報を定期的に無料配信!

専門家が旬なネタをブログで配信中!

専門家がピンポイントでアドバイスします092-738-5621受付時間 9:00~20:00 【無休】

無料相談はこちらから 専門家がピンポイントでアドバイスします。