婚活の無法地帯を許さない!

婚活といえば、皆さんはどんなことを思い浮かべますか。

・婚活パーティー

・街コン

・ネットの婚活サイト

・結婚相談所

だいたい皆さんがイメージする婚活というと、こんな感じだと思います。今回、様々な婚活方法がある中で、一番ルールの厳しい結婚相談所について書きたいと思います。

ルールに縛られた婚活

ルールに縛られた婚活と聞くと、なんだか婚活がやりにくそうですよね。婚活パーティー、街コンなどいろいろな婚活の方法がありますが、一番ルールが厳しい婚活といえば、結婚相談所です。

多くの結婚相談所が厳しいルールに則って、登録している独身者のサポートをしています。結婚相談所で活動するうえでの3大ルールがあります。大半の結婚相談所が次の3つのルールを遵守しています。

① 独身証明書、収入証明書(男性のみ)、資格証明書(国家資格など)などの公的書類の提出

② 勝手にお互いの連絡先交換をすることは厳禁

③ 交際期間は原則3ヶ月(※状況によって延長することもあります)

他にも決められたルールがありますが、上記3つのルールが代表的な結婚相談所のルールです。

特に③のルールが重要です。婚活にかける時間は、とても大事にしてください。「たった3ヶ月で決められない」と思う方もいると思います。ちゃんとルールを徹底している理由があります。

婚活に厳しいルールを用いる理由

よく「成功する人」「失敗する人」の違いとしてあげられることに、期限を決めていないということを言われます。

婚活でも同じことです。いつか出会えるかもしれないという気持ちで婚活をしていても、その「いつか」はきません。

婚活の方法で結婚相談所を選んだ30代のアラサー女性は、早く結婚したいという強い気持ちを持っています。男性がそんな女性の気持ちに応えるためには、結婚願望がないのは論外ですが、2~3年以内に出会えればいいという考えだったら、結婚相談所はやめたほうがいいでしょう。

というのも、前述でも書いた通り大半の結婚相談所が3つのルールを遵守しています。ルールとして交際期間(原則3ヶ月)が設けられていれば、それに合わせた行動ができるようになってきます。

「プロポーズいつするの?」「いつかします。」は通用しません!

結婚相談所の交際期限は、女性のために設けられたルールです。もし期限がなく、1年、2年と交際したとします。その結果ごめんなさいだったらどうしますか。女性にとっての1年はとても大事なんです。特にお子様を望んでいる女性にとっては、将来を大きく左右します!

男性がきちんと女性のために結論を出してあげるということが、このルールの本当の意味です。ただ何となくいつか結婚出来たらいいな~という考えは、結婚相談所での活動には向かないでしょう。

ルールに守られた婚活

もちろん何でもかんでもルールでがんじがらめというわけではなく、交際中のデートや連絡のやり取りに関しては自由です。でも、もっと自由きままに活動したい方にとっては、結婚相談所のルールがデメリットに感じると思います。

婚活の方法は、結婚相談所が必ずしもベストではありません。婚活をがんばっているすべての人が、結婚相談所での婚活にマッチするわけではありません。あなたの今の結婚に対する気持ちや、活動しやすい婚活スタイルを考えて婚活方法を選んでください。

ルールに守られた結婚相談所は、ルールが曖昧な婚活の無法地帯を許しません!