写真を上手に撮れる構図

SOS リバーズフォトグラファーの片山です。

今は、携帯にカメラがついてる時代になり、写真を撮る機会が増えたのではないでしょうか??

Instagramでいかに可愛い写真を載せるかが若者たちの中では流行っているようですね!

「いいね」が沢山欲しいと☆

最近多い質問で、どうやったらオシャレに可愛く写真が撮れるますか?とよく聞かれます。

ベストショットを狙うには、光、色味、アングル、構図と様々な条件が必要になりますが、

今日は構図について少しお話しできればと思います。

構図は一眼レフ、コンパクトカメラ、携帯でも共通して必要な技術です。

ついついやりがちな構図は撮影時に、主役をど真ん中に配置してしまうことではないでしょうか。

日の丸構図と言われますが、意図があれば悪くはありませんがオシャレからは少し離れるかもしれませんね。

もちろんそうすべき場合もありますが、人目を惹く写真を演出するには、「三分割法」などの構図を活用するのがおすすめです。

三分割法とは、画像をタテヨコに三分割して、線の交差した4点に被写体のポイントを配置するという撮影テクニックです。こうすることによって、

バランスが取れて安定した構図が得られます。

例えば海を撮りたい場合はヨコのラインに地平線を合わせます。

次に人物を入れたいとなったら縦のライン上に配置してみます。

このように、まずはセオリーに従って練習してみて下さい。

たくさん撮ることで自分の構図が見つかるはずです☆

それでは困ったときは、いつでもSOSへご相談ください。

 

リバーズ 片山智博